ネット総合病院での荷物の梱包方法

ネット総合病院での荷物の梱包方法

ネット総合病院,荷物,梱包方法

ネット総合病院では体のメンテナンスのサポートを行う医薬品を取り扱っています。注文した荷物の中身から、ご注文者の持病をうかがい知ることができるために、通販を行う際には荷物の中身が分からないようにしてほしいという希望があります。

 

また、ご注文いただいた商品は海外から発送されるために、長い期間輸送されることになります。中身の状態を保護するために梱包は丁寧でしっかりした厚手の段ボールを使用しています。コンテナに積めて荷物を運びます。そのコンテナの中にはネット総合病院の荷物だけではなくほかの荷物が一緒に入れられることになります。荷物からの液漏れなどでコンテナ内が濡れてしまうこともあります。医薬品は濡れてしまうと変質してしまうことがあるために頑丈な梱包を行っています。

 

購入する医薬品の情報からプライバシーに関することがうかがい知れてしまいます。購入されている商品によって持病や症状などもわかります。一般的な荷物の輸送の際の梱包は、荷物の中身によって要冷蔵など輸送方法などが変わってしまうことがあるので、送り状には中身を記載するようになっています。

 

しかし、ネット総合病院の場合には注文した商品名が書かれていると、輸送に携わるすべてに人から注文者の症状が読み取られてしまうのではないかと心配する方もおられることでしょう。そのためにネット総合病院では梱包の際に、荷物の中身が分からないように、商品名にはおおよその情報しか記載しないようにプライバシーに配慮がなされていています。


このページの先頭へ戻る